「今日からできる!障がいのある子のお金トレーニング」(著書:鹿野佐代子、前野彩 出版社:翔泳社)を読んでみての感想 

親の心配を軽減させる障がいを持つ子どもの将来に向けた今から出来る準備

障がいのあるお子さんをもつ親の方々は、特に自分たちが亡くなった後の子どもの暮らしを心配されることでしょう。

しかし、適切な準備と理解があれば、安心して子どもたちを将来に備えることができます。

親が亡くなった後のお子さんの安定した生活は、適切な資金管理と社会の支援によって確保できます。

障がいのあるお子さんをもつ親の多くは、資金管理の困難さを挙げています。

しかし、適切な準備と教育を受ければ、この問題は解決可能です。

例えば、信託基金や特別な財務計画を立てることで、子どもたちの将来を確保できます。

また、大阪府などでは、行政の支援制度が整備されており、親が亡くなった後も子どもたちの生活をサポートしています。

親は常に子どもたちの未来を心配します。

特に障がいを持つお子さんを育てる親は、その心配がより深刻です。

しかし、適切な資金管理と社会のサポートがあれば、親の不安は軽減されるでしょう。

例えば、親が亡くなった後のためにまとまった資金を用意しておくことで、子どもたちの将来に備えることができます。

もしかするとそれでも資金管理が難しいと感じていらっしゃる方もいるかもしれません。

そんな方でも専門家のアドバイスや適切なお金の教育を受けることで、この問題は克服可能です。

また、行政の支援制度も数多く存在し、親が亡くなった後もお子さんたちの生活を支えてくれるようになっています。

それでも資金管理の困難さや将来の不安は、多くの親が直面する課題です。

しかし、適切な準備と理解があれば、この問題は解決可能となります

そして行政の支援制度をきちんと活用することで、子どもたちの安定した生活を確保できるでしょう。

当然、親が亡くなった後の子どもの未来への不安は大きなものですが、適切な準備と社会の支援を受ければ、その不安を軽減できるでしょう。

今回ご紹介する本はキャリア30年の障がい者福祉のプロの鹿野佐代子さんと、わかりやすい家計のアドバイスで人気のファイナンシャル・プランナーの前野彩さんのお二人が、そうした知的障がいのある人が自分で金銭管理できるようになるためのトレーニング法や、障がいのある子をもつ家庭のマネープランなどが、とても分かりやすく書かれています。

障がいのある方だけでなく、全ての家庭に役立つ!金銭管理トレーニング本のご紹介

お金の基本を身につけるトレーニングは、知的障がいのある方や小さな子どもを持つ家庭にも役立ちます。

お金の絵柄を描くワークやお金カレンダー、マネポケなどのトレーニングツールは、お金の基本を学ぶ上で効果的です。

これらのツールは、知的障がいのある方や子どもたちが楽しみながらお金を学ぶことができ、家庭内での実践が容易です。

このようなトレーニングツールを利用することで、お金の管理能力が向上し、将来の不安を軽減する効果があります。

また自分自身がお金について理解しているつもりでも、実際にお金の絵柄を描こうとすると結構難しいです。

しかし、お金の基本を再確認することで新たな気づきが得られます。

そしてお金カレンダーやマネポケなどのトレーニングツールは、楽しみながらお金を学ぶことができ、将来の不安を解消する手助けとなります。

これらのツールは専門的な知識を必要とせず、誰でも手軽に取り組むことができ、知的障がいのあるお子さんだけでなく、小さな子どもを持つ家庭にとってとても有益です。

これらのツールを活用することで、お金の基本を楽しみながら学ぶことができ、楽しくお金を貯めて、使い、達成感や満足感を得ながら夢や希望を実現できるように工夫されています。

「マネポケ」は、気がついたら何に使ったか分からないけど金がないという状況のご家庭でやってみると効果があるでしょう。

日常に役立つトレーニングとして紹介されている「ミッションゲーム」や「袋分け」のワーク、お金のトラブルを防ぐ教育などは、特別支援学校だけでなく、一般の学校でも実施してもらいたい内容でした。

今はどうか分かりませんが、自分が子ども頃はこうした教育は全くありませんでした。

お金とその使い方はすべての人の生活に関わっています。もっと社会に出るまでにはきちんと学ぶ機会を増えて欲しいですね。

袋分けワークは給料をもらった時点で1か月の生活費を費目別の袋に分けて管理する方法ですが、これもなかなか毎月の支出をコントロールできていないというご家庭では、一度試してみられるといいと思います。

また第4章は親の家計について書かれています。

自分ができていないのに他の人にはきちんとするように言ってもダメなのは子どもなどに対してだけではないですね。

まずは親の家計をしっかりさせましょうということですが、家計をしっかりさせたほうがいいのはどのご家庭にも言えますので、障がいのある子のあるご家庭に限らずどのご家庭でも読まれていい内容です。

前の記事でご紹介した前野さんのご著書の「本気で家計を変えたいあなたへ」と併せて読むと効果的です。

またこの章で紹介されている「幸せ温度計」のワークは、よくお金のことで喧嘩などになってしまうご家庭では、一度このワークをやってみてお互いの優先順位や価値観を確かめてみるといいでしょう。

日本では1年間で約2分に1組のペースで離婚しているそうなので、このワークが広まれば離婚してしまう人も減らすことができるかもしれませんね。

この本は、タイトルには「障がいのある子の~」とはなっていますが、障がいのある子を持つご家庭だけではなく、お子さんのいるご家庭にとってとても役に立つ金銭管理のトレーニング法が紹介されています。

障がい者の支援をされている人や教育関係者だけでなく、一般のご家庭の方でも活用できる内容です。

また、障がいのある人や子ども向けの金銭教育のやり方やアドバイスの仕方についてのヒントにもなる本なので、FP資格者などにとっても、非常に参考になる内容だと感じました。

人気記事

おすすめ記事

50代の充実した人生 〜人生100年時代における健康と豊かな人間関係の重要性

50代の方が後半の人生を充実させるために、経験と知識を活かし、新たな挑戦に前向きに取り組み、健康や将来に備えつつ、小さな喜びや人間関係を大切にすることで、豊かな人生を築くことができます。そして前向きな気持ちで未来に向かって歩んでいくことが、より良い人生の実現への第一歩となるでしょう。

独学で合格した私のCFP試験勉強法(他の資格試験でも使えます)

このの記事では、自身の経験をもとに成功した学習戦略を解説しています。ハイスピード学習と復習の重要性、問題文と答えの効果的な確認法など、実践的なアプローチを紹介しています。それらの実践により独学でもCFP試験に合格できるようになるため、試験対策に悩む方々にとって有益な情報となるでしょう。

物質的な満足よりも心の充実を求めて 〜賢明な計画と思い出の価値大切なものとのバランス

持続可能な生活を築くためには、自身の価値観や必要性に基づいた物品の選択が不可欠です。他人の評価や流行に左右されず、自分が本当に必要とし、心地よく感じるものに資源と時間を注ぎ、物質的な満足感と精神的な充実感を得ることが大切だと言えます。また、老年期に向けては物の整理と大切な人々との時間を重視し、最終的には物ではなく思い出が大切だという覚悟も必要です。生活を賢明に改善し、豊かな経験と共に、心豊かな老後を迎えましょう。そして物質的な所有よりも人間関係と経験が幸福をもたらすことを忘れないでください。