お金の知識が未来を変える家計改善のための実践的な手引き 「本気で家計を変えたいあなたへ 第2版」を読んみて

家計改善の秘訣は無理な節約ではなく賢い支出

家計をよくするためには、目先の小さな出費を削減することや家計簿をつけることが必要だと思われがちですが、それだけでは十分ではありません。

無理な節約や苦しい財布の締め付けは、長続きせずに挫折してしまうこともあります。では、どうすればよいのでしょうか?

節約だけではなく、生活の質を向上させることも家計改善の一環です。

自宅でゆっくり過ごす時間や、家族との食事の楽しみも大切でしょう。

例えば、外食代を削減する代わりに、家族で一緒に楽しい料理作り体験してみるのもいいでしょう。

家計改善は無理な節約ではなく、賢い支出と生活の質の向上を両立させることが成功の鍵です。

無理のない家計改善法 記入式"お金のワークブック"で効果的に学ぶ

家計改善を真剣に考える方にとって「本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む"お金のワークブック"」著者名: 前野 彩 (日本経済出版社)は貴重なツールです。

この本では、記入しながら自己の現状を把握し、お金に関する情報を学びながら、無理のないがんばりで家計を見直すことができます。

この本は、テーマごとに解りやすく説明されていて、記入シートを通じて現状の家計状況を把握し、老後資金などのイメージを持つことができるように工夫されています。

さらに、効果的な家計の見直しによって、やりたかったことが実現し、生活のゆとりが生まれるようになっています。

当然、家計管理は一定の努力が必要ですが、この本を実践することで、効果的に家計を見直しができ、ゆとりある生活を築くことができます。

また支出を抑え、収入を増やす方法が示されていて、これらを実践することで、がんばらずに続けられる「しくみ」を築くことができるでしょう。

一般的に、家計管理は難しく、努力が必要な作業として捉えられがちですが、この本では無理のない提案がなされています。

そのため、努力が必要なくらい難解な方法ではなく、誰もが取り組みやすい内容となっています。

社会に出る学生からFP資格取得者まで、誰もが活用できる一冊

またこの本は、お金に関する知識や家計管理の手法を一冊にまとめ、誰もが理解しやすい形で解説されています。

学校教育や社会での教育が不足している中、自己流の管理が主流となっている現状では、このような実践的な手引きが必要不可欠だと言えるでしょう。

そのため、どの年代の方でもこの本を実践する価値があると言えます。

社会に出る学生たちにとって、正しいお金の知識を身につけることは重要です。

この本を通じて基本的な考え方を学ぶことで、将来の人生設計に役立ちます。

この本のワークをしっかりと実践することで、家計状況の改善が可能です。

また、FPの助言が必要な場合でも、この本のワークを通じて情報や知識を得ていれば、相談がスムーズに進むでしょう。

ですのでFP資格をこれから取得する学生の方や取得したばかりの人にとっても、この本は貴重な情報源となります。

そして資格の勉強では学べない家計の見直しについての流れについても学ぶことができます。

こうした未来を見据えたお金の基本を学ぶためにも、この一冊を読むことは価値があると言えます。

またざっくりと老後資金について計算をしてみたい人には、iOSのみの対応となっていますが、老後資金の積立額が分かる無料の計算アプリも用意されていますのでぜひ一度ご利用されてみてください。

http://www.fp-will.jp/application.php

2016年12月7日大阪で開かれた「本気で家計を変えたいあなたへ」第2版出版記念セミナーに参加。その時の著者の前野彩さんとの記念写真

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

おすすめ記事

50代の充実した人生 〜人生100年時代における健康と豊かな人間関係の重要性

50代の方が後半の人生を充実させるために、経験と知識を活かし、新たな挑戦に前向きに取り組み、健康や将来に備えつつ、小さな喜びや人間関係を大切にすることで、豊かな人生を築くことができます。そして前向きな気持ちで未来に向かって歩んでいくことが、より良い人生の実現への第一歩となるでしょう。

独学で合格した私のCFP試験勉強法(他の資格試験でも使えます)

このの記事では、自身の経験をもとに成功した学習戦略を解説しています。ハイスピード学習と復習の重要性、問題文と答えの効果的な確認法など、実践的なアプローチを紹介しています。それらの実践により独学でもCFP試験に合格できるようになるため、試験対策に悩む方々にとって有益な情報となるでしょう。

物質的な満足よりも心の充実を求めて 〜賢明な計画と思い出の価値大切なものとのバランス

持続可能な生活を築くためには、自身の価値観や必要性に基づいた物品の選択が不可欠です。他人の評価や流行に左右されず、自分が本当に必要とし、心地よく感じるものに資源と時間を注ぎ、物質的な満足感と精神的な充実感を得ることが大切だと言えます。また、老年期に向けては物の整理と大切な人々との時間を重視し、最終的には物ではなく思い出が大切だという覚悟も必要です。生活を賢明に改善し、豊かな経験と共に、心豊かな老後を迎えましょう。そして物質的な所有よりも人間関係と経験が幸福をもたらすことを忘れないでください。