スキマ時間を活かせ!忙しい人のためのCFP試験勉強法

CFP試験の勉強において、朝に取り組むことはとても有益です

なぜなら、朝は脳がリフレッシュされ、集中力が高まるからです

また、通勤時間や寝る前にも勉強することができますが、適度な休息を取るためには注意が必要です

そのため通勤時間や寝る前には、軽いテキストやノートの復習が適しています

さらに、CFP試験の勉強では過去問から取り組むことが重要です

過去問は試験の傾向や出題形式を理解するのに役立ち、自分の理解度を確認することができます

過去問を解くことで、本番に近い状況での対策が可能となり、合格への自信を高めることができるでしょう

過去問から始めるCFP試験の勉強法の効果とメリット

朝の脳がリフレッシュした時間帯にCFP試験勉強を行ったほうがいい理由

朝の時間には睡眠によって脳がリフレッシュされていて、とても集中力が高まっています

そのため認知能力や情報処理能力も高まっていて、記憶するにも適しています

朝の時間の脳がリフレッシュされた状態では、新しい情報を受け入れやすくなっています

ですので朝の時間帯には新しいトピックや概念に集中して取り組むことが効果的ですので、新しい科目や専門知識の学習などに向いています

脳がリフレッシュされた状態では記憶力が高まるため、朝の時間帯には、用語の意味や計算問題の解き方の暗記などが効果的です

また朝は集中力も高まっているため、複雑な作業や集中力を要するタスクに取り組むのに適していて、難しい問題の解答や苦手科目に取り組むのもよいでしょう

重要なのは、朝の時間帯に自分が最も集中力を高めることができるタイプの勉強を選ぶことです

皆さんの朝の予定や自己の目標に基づいて、効果的な朝の勉強内容を見つけてください

またこの時間を有効に使うためには、気をつけないといけないことがあります

朝の時間帯に脳がきちんとリフレッシュされている状態にするためには、十分な睡眠をとることが重要です

最適な睡眠時間は人によって様々ですが、気持ちのいい朝を迎えるためにも、夜更かしして十分な睡眠時間がとれない事態は避けましょう

また深い睡眠を得るためには、前日就寝前の時間の過ごし方も重要です

寝る前に激しい運動をしたり食事を取ったりすることは、深い眠りを妨げてしまいます

スマホやテレビも視覚情報は脳に大量の情報を送り込んでしまい、深い眠りの妨げになってしまうので控えましょう

どうしてもメールなどの確認が必要な場合は、5分以内など制限を決めて素早く処理するよう決めておくことです

明るい照明も睡眠の質を下げてしまう要因になるので、間接照明にして静かな音楽などを流してリラックスできるようにしましょう

通勤時間や寝る前の勉強法

通勤時間などもCFP試験の勉強に活用することができます

電車の中などでノートなどが広げられるようであれば、見直して記憶に定着させることもできます

もし満員電車や車での通勤の場合でノートを広げて勉強できない場合は、ノートは電子化しておくことをおすすめします

今のスマホやタブレットにはテキストの読み上げ機能があるので、その機能を使ってノートの内容を聴覚情報として取り入れられます

現代人は資格勉強や仕事で目を酷使しているので、目を使わずに勉強できるメリットは大きいのではないかと思います

寝る前はあまり根を詰めて勉強することは睡眠の質を落としてしまいますが、寝る前に覚えたことは記憶に残りやすいので、記憶の固定や深化させるために復習することは効果的です

人が覚えたことは一旦は短期記憶として一時保存されますが、一度だけだと重要な情報として認識されずに消えてしまいます

その反面、何度も入ってくる情報は重要な情報として長期記憶に転送されるため、それを利用してノートを読み返したりすることは有効でしょう

でも視覚情報だと脳が疲れてしまいますので、スマホなどの読み上げ機能を使ってリラックスしながら復習することは、かなり有効な勉強法だと言えるでしょう

試験対策の勉強は過去問から始めたほうがいい理由

CFP試験を始める場合には、まずは過去問からやりましょう

理由は簡単で、過去に試験に出たことが今後も出題される可能性が高いからです

また過去の出題形式や出題傾向も把握でき、問題を解く力も養えます

過去問は1〜2年前の試験だけを解く人もいますが、あまり直近の問題内容はどの資格試験でも出題されない傾向です

可能な限り遡れるだけ遡った過去問を手に入れ解くことで、似たような問題が出題される可能性が高まり落ち着いて解答することができるでしょう

過去問はただ解くだけでなく、一問一答形式でノートに残しておくとよいでしょう

もし解答説明で分からないことがあれば、そういう時に基本書や参考書などを辞書的に使って調べるといいです

一問一答形式にしておくことで、繰り返し解くことができるようになり、制限時間内に解答する力が養えます

また一問一答形式だと繰り返しの学習もしやすくなり、解法を脳に定着させることも容易になるでしょう

まとめ

CFP試験の勉強を朝に行うことや通勤時間や寝る前に勉強する方法、そして過去問からの取り組み方について紹介しました

朝は脳がリフレッシュされ、集中力が高まるため、効果的な学習時間として適しています

通勤時間や寝る前には、適度な休息を心掛けつつ簡単な復習や軽いテキストの 復習を行うことが良いでしょう

そしてCFP試験の勉強においては、過去問からの取り組みが重要です

過去問を解くことで試験の傾向や出題形式を把握し、自信を高めることができます

継続的な努力と適切な学習戦略を用いて、CFP試験への準備を進め、合格への道を歩んでください

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

おすすめ記事

50代の充実した人生 〜人生100年時代における健康と豊かな人間関係の重要性

50代の方が後半の人生を充実させるために、経験と知識を活かし、新たな挑戦に前向きに取り組み、健康や将来に備えつつ、小さな喜びや人間関係を大切にすることで、豊かな人生を築くことができます。そして前向きな気持ちで未来に向かって歩んでいくことが、より良い人生の実現への第一歩となるでしょう。

独学で合格した私のCFP試験勉強法(他の資格試験でも使えます)

このの記事では、自身の経験をもとに成功した学習戦略を解説しています。ハイスピード学習と復習の重要性、問題文と答えの効果的な確認法など、実践的なアプローチを紹介しています。それらの実践により独学でもCFP試験に合格できるようになるため、試験対策に悩む方々にとって有益な情報となるでしょう。

物質的な満足よりも心の充実を求めて 〜賢明な計画と思い出の価値大切なものとのバランス

持続可能な生活を築くためには、自身の価値観や必要性に基づいた物品の選択が不可欠です。他人の評価や流行に左右されず、自分が本当に必要とし、心地よく感じるものに資源と時間を注ぎ、物質的な満足感と精神的な充実感を得ることが大切だと言えます。また、老年期に向けては物の整理と大切な人々との時間を重視し、最終的には物ではなく思い出が大切だという覚悟も必要です。生活を賢明に改善し、豊かな経験と共に、心豊かな老後を迎えましょう。そして物質的な所有よりも人間関係と経験が幸福をもたらすことを忘れないでください。