竹川美奈子 読んだ本

「一番やさしい!一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo活用入門」を読んでみて

更新日:

「iDeCoって知ってますか?」

まだ知らないという方、聞いたことはあるけれどどんな内容の制度なのかは分からないという人がまだまだ多いと思います。

今回、LIFE MAP,LLC代表でファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子さんが書かれた「個人型確定拠出年金 iDeCo 活用入門」(ダイヤモンド社)を読んでみました。

入門とはなっていますが、個人型確定拠出年金(個人型DC 愛称:iDeCo)について、その制度、商品、具体的な金融機関の紹介、手続きから受給まで全部一通り書かれていて、とても分かりやすく書かれています。今までまったく知らなかった方やこれから活用してみようか考えている方にとっては非常に役に立つ一冊になるでしょう。

 

ちょうど今月(2017年1月)から改正確定拠出年金法が施行され、個人型確定拠出年金の加入対象者が大幅に拡大されることもあり、法改正に対応した解説書もここ最近相次いで登場しています。

個人型確定拠出年金の制度についての解説や税制メリット投資信託のことなどについては他の本でもよく書かれていますが、この本では元本確保型の商品についての解説や、保険商品の活用法などより詳しく書いてあります。

また運用したお金の出口戦略としての受け取り方についても、一時金の形で退職所得控除を使う場合、年金の形で公的年金等を使う場合に加え、受取時期をずらして控除枠を最大にする方法など、自分にとって全体として最適になるよう、さまざまな場合におけるシミュレーションがされていて非常に参考になりました。

また、課税所得のない専業主婦の人などはきちんと投資しないと手数料がかかるだけ損になることや、年金で受け取る場合に国民健康保険や介護保険の負担増になる可能性など、とても細かいところまで触れられていて好感を持てる内容でしたね。

 

個人型確定拠出年金はもともと退職金が無いもしくは少なく、公的年金も少額になるケースが多い自営業者・フリーランス、そして中小零細企業のサラリーマンのために自助努力で老後格差を克服するために用意された制度でしたが、今回の法改正によって制度が変更され、ほとんど対象者すべての現役世代の方が入れるようになりました。

しかしよく制度のことを理解しないまま活用し始めると、途中で引き出せないこともありますので自分の経済状況などによっては大きなデメリットになることもあります。

そうしたことも踏まえてiDeCoの仕組みや利点や注意点についても詳細に説明されており、カラーマーキングや豊富な図解によって、とても解りやすいやすくするように工夫されている際の本書ですが、非常に多くの情報がつまっていまっていて、一般の方にはいきなり一辺に全部をしっかりと理解するのは難しいと感じます。

読み方としては、まず一旦最後まで一通り読んでみて、個人型確定拠出についておおまかに理解したうえで、再度、自分のにとって必要な部分をピックアップしてその部分を詳しく読んでみると、より詳しく理解できるのではないかと思います。

 

まずは制度のことを知らなければ自分にとって必要な制度なのか分かりません。また、金融機関は途中での変更するには手数料がかかる場合もありますし、手間と時間もかかるので簡単にできるとはいえませんので最初の決定がとても重要です。まずはこの本でiDeCoについてしっかりと学んでじっくり検討してから活用していきたいですね。

-竹川美奈子, 読んだ本
-, , , ,

Translate »

Copyright© 伊藤健一のブログ , 2019 All Rights Reserved.